〒520-2531 滋賀県蒲生郡竜王町山之上3456

0748-57-0600
HOME院長紹介医院案内アクセス

歯科/矯正歯科/歯列矯正(蒲生郡竜王町,東近江,湖南市,近江八幡近く)平田歯科医院

審美歯科

求人のご案内

mobile site

デンタルワークスカクキチ

レベルアンカレッジ

院長ブログ やまのうえ通信

トップページ»  審美歯科

保険で入れられる前歯の問題点

保険治療で「一応」白い冠を入れられるのは真ん中から数えて3番目までです。
「一応」というのは保険で入れる白い冠は金属の表側にプラスチックを張り合わせたものなのですが、顕微鏡でみると細かい孔が無数に開いていて、その中に汚れが入り込むのですぐに黄色く、あるいは茶色く変色してしまいます。コーヒーやお茶をよく飲む方や喫煙される方は特に顕著に変色します。

また細かい孔に汚れが入り込むということは接している歯肉にも炎症を引き起こし、歯肉退縮・歯周病の進行の原因となります。
プラスチックの素材自体も摩耗したり、内側の金属から剥がれやすいものですので、耐久性にも問題があります。
特に噛み合わせの力が強い方(歯ぎしりをする方、エラが張っている方など)で、早期に破折します。

また冠の先端ぎりぎりまで金属で裏打ちする必要があるので光を透過せず、透明感のない「ベタッとした単調な」色にしか仕上がりませんので、ほかの天然の歯と比べて不自然さがあるのは否めません。

セラミック冠という選択肢

セラミック冠という選択肢

自費治療となるメタルセラミック冠・メタルボンドなどと呼ばれる白い冠は金属(保険適応のものよりも金の含有量の多い特別な金属)の外側にセラミック、つまり陶材を焼き付けたものです。
前述のプラスチックと比べて表面が滑沢(つるつる)です。ということは汚れが付きにくく、落ちやすく、さらに接している歯肉に炎症を引き起こしにくいという特徴があります。(歯肉が下がりにくいとも言えます)
また細かい色調、再度、透明感などの再現が可能です。当院では担当歯科技工士さんに立ち会って頂き、模型上では不可能な細かい色合わせや噛み合わせのチェックをチーム医療で行っております。

プラスチックでできた子どものお茶碗でカレーを食べたらすぐ黄色く落ちない汚れが付いてしまうのに、大人のお茶碗では付きませんよね、という例えをよくします(^v^)

当院では前述のメタルセラミック冠のほかに全く金属を使用しないジルコニア冠による治療にも対応しています。
メタルセラミック冠でも光の透過性は保険適応の冠と比べてものすごく自然ですが、オールセラミックのジルコニア冠はさらに自然な光の透過性、色調を再現することが可能です。土台に金属を使用していない歯の治療に、よりおススメです。

また完成した冠をいきなり最終的なセメントで接着せずに仮のセメントで仮止めしてしばらく使用して頂き、使用感や見た目に十分満足頂けることを確認してから最終的なセメントでセットするという手順をとっております。
(ケースによっては異なる手順の場合もあります)

メタルボンド症例1

メタルボンド症例1 治療前 メタルボンド症例1 治療後
治療前   治療後

 

メタルボンド症例2

メタルボンド症例2 治療前 メタルボンド症例2 治療後
治療前   治療後

 

ジルコニア症例1

ジルコニア症例 治療前 ジルコニア症例 治療後
治療前   治療後

 

歯にやさしい、歯が割れにくいグラスファイバーの土台 ファイバーコア

神経をとった歯は栄養供給がなくなった歯でもろく、割れやすい状態です。保険治療では金属の土台メタルコアを入れることが多いのですが、このメタルコアは歯よりも硬すぎて、強い力で噛んだときに歯を割ってしまう原因になります。(当院では保険治療でも歯の部分が多く残っている場合はこの歯根破折を予防するためにできるだけプラスチックで土台を作るようにはしておりますが。。)

そこでもろく割れやすくなった歯にやさしい、歯を割りにくい土台としておススメしているのがグラスファイバーの土台、ファイバーコアです。簡単に言うと少したわんでくれる土台で、強い力で噛んだときに大切な歯よりもむしろこの土台が壊れて、安全装置の役割を果たしてくれるものなのです。
土台ごと壊れてしまったら残念ながら土台から新しく治療をやり直す必要がありますが、歯根が割れていなければ再度冠を入れることができるのです。歯根が割れると抜歯となってしまいます

(注記:仮歯と同じ素材のプラスチックのみで作られた冠なら真ん中から数えて4番目以降にも入れられますが、適合性や耐久性などいろいろと問題が多いのでよほど強い希望が無い限り当院では採用していません)

ホワイトニング

歯を削らずに過酸化水素を使用して歯のホワイトニングができます。当院では有害な紫外線を発生しないライトを使用していますので、歯肉の色素沈着(日焼け)の心配もありません。

ホワイトニング症例1

ホワイトニング症例1 治療前 ホワイトニング症例1 治療後
治療前   治療後

 

ホワイトニング症例2

ホワイトニング症例2 治療前 ホワイトニング症例2 治療後
治療前   治療後

 

違和感が少なく、丈夫で変形しにくい入れ歯 金属床義歯

金属床義歯

当院では保険治療の入れ歯(床義歯)についてもできる限り精度の高い型採りをし、精度の高い治療結果を提供しておりますが、プラスチックのみで作る入れ歯はどうしても変形や破損しやすく、また強度を保つための厚さが違和感の原因になることもあります。
自費治療の金属床義歯は顎の部分を薄くて丈夫な金属で作りますので変形しにくく、違和感を格段に小さくすることができます。
また金属は熱を伝えやすいので熱いもの冷たいものをお口の中に入れたとき、すぐに温度変化を金属を通して粘膜で感じることができ、よりおいしく食事をすることができます。

ノンクラスプデンチャー(留め金がない入れ歯)

部分入れ歯をご使用の患者さまの不満と言えば銀色の金属性の留め金(クラスプ)です。笑ったときにギラッと見えるのが嫌だというお声をよく耳にします。そこで考案されたのがこのノンクラスプデンチャー『ビューティーデンチャー』です。特別な樹脂で歯に引っかけますので、笑ったときにも入れ歯を入れていることが分かりません。歯の状態により適応できないケースもありますので、ご相談ください。

ノンクラスプデンチャー1ノンクラスプデンチャー2

ノンクラスプデンチャー3ノンクラスプデンチャー4

PAGE TOP