〒520-2531 滋賀県蒲生郡竜王町山之上3456

0748-57-0600
HOME院長紹介医院案内アクセス

歯科/矯正歯科/歯列矯正(蒲生郡竜王町,東近江,湖南市,近江八幡近く)平田歯科医院

バイオブロック矯正

求人のご案内

mobile site

デンタルワークスカクキチ

レベルアンカレッジ

院長ブログ やまのうえ通信

トップページ»  バイオブロック矯正

不正咬合の根本治療

マウスピースで顎骨の正しい成長を促す

今しかしてあげられないことお子様の未来のために

不正咬合の根本的な原因を是正するという点で、他の多くの矯正治療のような「対症療法」ではなく、「原因療法」とも言えるバイオブロック矯正ですが、治療の効果を最大限にするためには、適切な時期に始めることが必要です。


バイオブロック矯正創始者
John Mew先生と

乳歯の奥歯を支えにするマウスピースを使いますので、乳歯の奥歯がぐらついてくる時期には、最も効果的なマウスピースが使えません。バイオブロック矯正を開始するのに最適な時期は、6歳臼歯が生え始める6歳前後ですが、顎骨の成長不足が著しいケースでは、それより早い時期に開始したほうがよい場合もあります。治療に適した時期を逃さないためにも、お早めにご相談いただければと思います。

筋が引っ張りすぎて歪む下顎骨

正しい
アーチ
正しい アーチ
歪んでいない下顎骨
狭い
アーチ
狭い アーチ
歪んだ下顎骨

顎骨の成長方向

正しい成長 正しい成長 下方成長すると長い顔に

正しい アーチ

後ろに回転しながら下に長く成長 してしまいます

狭い アーチ

舌が後下方に落ち込むと気道が狭くなり息苦しくなるため、ますます口呼吸になってしまいます

不正咬合の原因 (歯ならびと舌の位置・呼吸・顎骨の成長)

不正咬合の原因

そもそも何が「出っ歯」「受け口」「歯並びがガタガタ」という不正咬合を引き起こしているのでしょうか?

その原因の大部分は口呼吸と低位舌(上顎に接していない舌)、それによる顎骨の成長不足と下方成長です。
お口をぽかんと開けて「口呼吸」をしていると舌が上顎を正しく押さえません。
すると上顎は横方向にも前方向にも十分成長することができずに、永久歯の生えるスペースが不足してしまいます。お顔も前後の奥行きが少なく、縦に長く間延びした平坦なものになってしまいます。
「顎骨の下方成長は」笑った時に歯ぐきが見え過ぎる「ガミースマイル」の原因にもなります。

さらに「顎骨の成長不足」によって、舌のスペースもますます不足して舌が後ろに落ち込んで息苦しくなります。その結果ますます「口呼吸」をするようになり、舌で上顎を押さえにくくなり、顎骨の成長不足と下方成長を引き起こすという悪循環に陥ります。
鼻腔の後ろ、口の後ろの気道(エアウェイ)が狭くて、「口呼吸」になってしまうこともあります。

バイオブロック矯正とは

治療の流れ

顎骨の成長方向を正しくして、魅力的な顔・歯並びをつくるバイオブロック矯正

Step
1

24時間装着

 
上顎用ステージ1
舌を上に上げやすくするため、上顎を拡げると共に、下方成長し十分成長していない上顎骨を、上方に持ち上げながら成長させるため、上顎に装着します

Step
2

24時間装着

 
下顎用ステージ1
下顎の6歳臼歯と前歯のアーチを拡げて舌を上に上げやすくします
上顎用ステージ1より少し遅れて開始して上顎用ステージ1と同時に使用します

Step
3

24時間装着または
ステージ3と併用して食事時装着

 
ステージ2
舌を上に上げやすい装置で噛み合わせを安定化させます

ステージ2と併用して食事時以外装着

 
ステージ3
下方成長しようとしている下顎を前方に成長誘導します

マウスピースで顎骨の正しい成長を誘導

舌の位置と顎骨の成長

POINT バイオブロック矯正はJohn Mew先生によって考案され、40年以上にわたって各国で行われている治療法で、顎骨の正しい方向への十分な成長を促すことを目的とした治療法です。
バイオブロック矯正ではシステム化された数種類の取り外し式のマウスピースを使い、顎骨の正しい成長を誘導します。
そして舌など口の周りの筋肉の位置を適切にすることで、後戻り(いったんきれいに並んだ歯並びが、また乱れること)の可能性を少なくすることができます。言い換えれば、歯が並ぶ十分な顎骨の大きさを作らず、また口の周りの筋肉の正しい機能が獲得されなければ、安定した歯並びを維持することは不可能です。
PAGE TOP